議会活動報告-平成22年9月定例会(第3回)[09/01]

2010-10-01

平成22年9月定例会(第3回)議案第54号における質問

議案第54号 和解並びに損害賠償の額の決定について

提案理由◎ 市長(芝田啓治)

 議案第54号 和解並びに損害賠償の額の決定についてご説明を申し上げます。
 本件は、平成21年6月9日、河内長野市下里町892番地の5先の市道下里大野線におきまして、道路横断溝のグレーチングぶたの1枚が外れていたことから、そこへ進入した自動二輪車が転倒し車両物損及び人身事故が発生したことについて、相手方と和解し、損害賠償の額を決定いたしたく、地方自治法第96条第1項の規定により提案を行うものであります。
 よろしくご審議の上、ご承認を賜りますようお願い申し上げます。

質問

 私、実は6月議会でこの和解並びに損害賠償の額の決定についての質問をさせていただきました。 先ほども市長から3件報告があったんですが、6月議会の答弁はあれは格好だけやったのか、「市民にわかりやすく詳しく報告する、説明する」という答弁をいただいておったんですが、まず一番大切な損害賠償額並びに責任割合・過失割合、この2つは少なくとも説明の中でしていくと、これからより分かりやすく説明していくという答弁であった。9月議会の議運では、担当部長の説明では金額並びに過失割合を説明されていたように記憶しているが、今日市長はなぜ具体的に、その2点だけでも説明の中に入っていないのか、何か理由あるのか、ご答弁いただきます。

答弁◎総務部長(中谷眞久)

 さきの6月議会の中で、過失割合を明確にしながらわかりやすい形でご報告申し上げていくということは約束させていただきました。そのことは口だけではなくて、議運の中でも説明させていただきましたし、今回、議案の中でも過失割合につきましてはその中に記載させていただきますとともに、その内容につきましてはできる限りわかりやすく工夫をさせていただいたところでございます。
 ただ、おっしゃっていただいているように、市長の説明の中でその点につきましては説明がなかったことはそのとおりなんですけれども、議案の中で書かせていただいておりましたので、説明の中では抜けていただけの話であって、意図的なことは一切ございませんので、ご理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。

再質問

 今の説明は分かりました。
 しかし今、この議会、インターネットでとか今玄関ででもテレビ放映されているわけですね。議案書をみんな持っておれば、書いてある内容はわかりますけれども、議案書を持っておられる三島議員でも、過失割合を質問しておられる訳ですよ。
 それともう1点、市と相手方との過失割合が何対何という比率のある場合だけパーセントを書いていますけれども、100%市に過失がある部分についてはなぜここへ数字を載せていないのですか。これ何か意図あるのですか。市の過失の大きいやつだけ何故議案書から抜くのですか。

答弁◎総務部長(中谷眞久)

 ご指摘いただきましたような形で今後、市長の説明の中にも入れるとともに、議案書の中には過失割合を100%であったとしても記載していく方向で対応させていただきたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。

Yamaguchi Ken-ichi Official Website