議会活動報告-平成22年12月定例会(第4回)[11/30]

2011-02-01

平成22年12月定例会(第4回)報告第29号における質問

報告第29号 専決処分報告について(和解並びに損害賠償の額の決定)

報告◎市長(芝田啓治)

 和解並びに損害賠償の額の決定の専決処分についてご報告を申し上げます。
 平成22年8月13日、河内長野市大師町25番1号の河内長野市立市民総合体育館トレーニング室において、男性がベルトバイブレーターを使用中、ベルトが突然切れたために後方に転倒し、右臀部を打撲し、腰及び臀部に痛みを発症された事故について、相手方と円満に解決すべく話し合いを続けてまいりましたところ、本件事故の責任割合について、市を100%とし、市が責任を負うべき額として当方が相手方に9,060円を支払うことにより、和解の運びとなりました。
 そこで、和解並びに損害賠償の額の決定について、地方自治法第180条第1項の規定により、去る11月5日に専決処分させていただきましたので、同条第2項の規定によりご報告を申し上げるものでございます。
 よろしくお願い申し上げます。

質問

 トレーニング室を使用しておって、使用中に突然ベルトが切れたということでございますが、その切れた原因は、老朽化によって切れたものなのか、外力が加わって切れたものなのか、金額は9,060円と、そんな大きなけがじゃ無くて良かった訳ですが、その点だけお聞きします。
 それと、今のトレーニング室のトレーニング器具の安全管理というか点検は、どこかへ出しておられるのか、誰かそういうライセンスを持った者が点検しておるのか、その辺についてお聞きします。
 今回、ベルトが切れて後ろへ倒れただけですけれども、トレーニング室には非常に重量のあるバーベルとかそういったものもございます。もしボルト・ナットが緩んでおったり落ちたりしますと大変な事故にもつながりますので、今の安全管理の方法をどんなふうにとっておられるのか、あわせてお伺いします。

答弁◎生涯学習部長(加藤博章)

 それでは、山口議員のご質問にお答えいたします。
 まず、1点目のベルトの老朽化によるものかどうかということでのご質問でございますが、ベルトにつきましてはメーカーの説明では2年間の耐用年数があるということをいただいておるんですけれども、今回のベルトにつきましては使用後1年半ということで、耐用年数的にはいけておったのでございますが、利用の形態でありますとか使用頻度の問題、そういったもので今回のベルトの切断がされたというふうに判断しております。ですから、ベルトの老朽化という点ではなかったかというふうに思うんですけども、使用頻度の問題かなというふうに判断しております。
 2点目の点検のご質問でございますが、点検につきましては業者による点検を3カ月に1回、そして職員による点検を日常的にさせていただいてる状況でございます。今後につきましては、再発防止のために点検の強化に努めてまいりたいというふうに考えておりますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
 以上です。

平成22年12月定例会(第4回)議案第74号における質問

議案第74号 公の施設(河内長野市立駐車場)の指定管理者の指定について

提案理由◎市長(芝田啓治)

 議案第74号 公の施設(河内長野市立駐車場)の指定管理者の指定についてご説明を申し上げます。
 現在、駐車場の管理運営につきましては、大阪府森林組合を指定管理者に指定し、施設運営を行っておりますが、その指定期間が平成23年3月31日をもって終了いたします。
 河内長野市立駐車場は、周辺公共施設の駐車場として使用されており、また、常に地域のニーズを把握するとともに、これらの活性化を図るため、同駐車場を含めて公共施設が連携し運営を図ることが必要となっています。
 このようなことから、引き続き大阪府森林組合を指定管理者として指定することが適切であると考えますので、地方自治法第244条の2第6項並びに河内長野市公の施設の指定管理者の指定の手続等に関する条例第3条の規定により、本市議会の議決を求めるものでございます。
 よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。

質問

 森林組合を指定管理者として指定することにつきましては、それなりの理由があり結構かと思うんですがね。1つお聞きしたいのは、あそこの駐車場の北端に仮設のトイレが6基か7基か8基かちょっと数忘れましたが、あれは確か、この間のふれあい楽市きらく市の為にリースしたトイレじゃなしに、あそこの駐車場に常設してあるトイレじゃないかなと思うのですが。今ここで上がっております指定管理者である、森林組合のほうに業務委託される中に、あそこのトイレの維持管理が入ってるのか入ってないのか、まず先それをお聞きします。

答弁◎生涯学習部長(加藤博章)

 仮設トイレの件でございます。あれは常設でございまして、森林組合に対する委託料の中に日常の清掃というのは仕様の中に入っております。
 以上でございます。

要望

 入っておるということでありましたら、ちょっとお伺いするんですけどもね。まず、なぜこういうことを申しますかというと、11月21日、ふれあい楽市きらく市がありました、その日に2回も、「ちょっと山口さん見てくださいよ」ということでトイレのほうへ呼ばれまして行きますと、もう半分以上のトイレが、便器の真ん中に、うんこさんがどんと乗ったままで、ティッシュもいっぱい詰まっておりまして、もう見たら使える状態じゃないんです。私すぐに裏手へ回ると、10メートルほどのホースが丸めて置いてあったので、そのホースを持ってきて、水圧でばーっと流し込んだのですが。こんな大きな行事をやってるそのメーンの会場で、何万人という人間が来てるわけですよね。その中で非常に汚なくて使えなかったんです。もしあのトイレがリースであれば、簡易水洗に変えさせるか、市の備品であるなら、より衛生的なトイレに買い替える等の検討。それと、森林組合に委託しているのであれば、その日ぐらいは、森林組合にも交代で管理させ、常に衛生的に保つような手立てを講じるべきである。市民の方に、気持ちよく行事に参加していただけるような環境を作らないと、こういう場で申し上げるべきかどうかは別として、ちょうど議案として、出てまいりましたので、しっかりと要望させていただきます。

Yamaguchi Ken-ichi Official Website