平成23年6月 定例会議案第35号における討論

2011-06-30

議案第35号 市道路線の認定について

●提案理由の説明◎(芝田市長)
本件は、道路災害時における高瀬集落の孤立を防ぎ、また既存農業施設を含めた地域の活性化を図るために、高瀬天野線の市道認定について、道路法第8条第2項の規定により、本市議会の議決を求めるものでございます。よろしくご審議の上、ご承認賜わりますようお願い申し上げます。

反対討論(山口健一)

原案に対する反対討論を行わせていただきます。
本件は市道路線の認定についての議案でございますが、この路線の整備につきましては約40年前からの課題でありまして、地元であります高瀬地域の皆さん方や、関西サイクルスポーツセンターには大変長い間ご迷惑をおかけしてまいりましたことは事実でございます。したがって、今回の市営斎場建てかえ事業に係る高瀬地区環境整備事業5項目のうちの一つとして、高瀬地区の役員の方々のご苦労もあり、既に地区の合意がなされているとお聞きしております。
しかしながら、本件に係る現在の市の試算では事業費が約5億円と高額でもあり、過日、16日に開催されました都市環境・経済常任委員会での質疑を聞かせていただきましたが、次の疑問が払拭されません。
まず一つ、フルーツランド入り口から市道天野滝畑線までの本件市道の整備について、高瀬地区としては、会長さんもおっしゃっておられるわけでございますが、できる限り前方が見通せるルートで整備をしていただきたい、こういう条件を一つだけ出しただけでありまして、ルートの指定や工法については、我々は素人なので市のほうにお任せすると、こういうことで進めてきたと言っておられました。そして市のほうから、いろいろと検討したが、このルートがベストで、この方法しかないと言われたので合意をしておると、こういうふうにも言われております。ここまでは結構かと思うわけでございますが、問題は、今回議案となっているこのルートがなぜベストなのか、本当にほかの方法はないのか、一番大事なここのところの説明が議会に対して十分なされていないと考えるわけであります。少なくとも私は、このことを市民から聞かれても、今の知識と情報では答えることができません。
次に2つ目、関西サイクルスポーツセンターは、既に四十数年前のオープン当初から、地元である高瀬地区とは共存共栄のスタンスで歩んできた。今回の市道路線の認定について、市のほうから既に説明を受けたが、これは地元高瀬地区の総意なのでというのでこの案には何も言わなかった。市もこんなに厳しい財政状況の中で、橋をかけてのこのルートはだれが見ても首をかしげます。市、地元、地権者、皆がもっと負担やリスクを少なくする知恵を絞らないといけないですよ、今からでも見直せるならぜひお願いしたい、このように言われております。私も、全く同感ですと申し上げました。
また、市役所内でも、今回議案に上がっている路線にかけられる橋を、『夢の橋』とか『幻の橋』とか呼ばれているようですが、どういう意味なのでしょうか。このままでは余りにも地元高瀬地域の方々に申しわけなくさえ思います。
以上のことから、本件議案の趣旨については賛成いたしますが、フルーツランド入り口から市道天野滝畑線までのルート及び工法について、原案がベストであるという説明が不十分と考えます。したがって、このことについて再度詳しく説明を受け判断する必要があるため、現段階での本議案には反対いたします。

Yamaguchi Ken-ichi Official Website